名刺作り

インターネットとパソコンが普及してから、名刺作りは簡単になりましたね。マイクロソフトのオフィス「word(ワード)」にもこの機能が標準でついていますね。ただ、これがちょっと物足りないなっていう人は、専用のフリーソフトを使っているようです。ヤマダ、コジマなどの家電量販店などにいけば、家庭のプリンターで印刷できる名刺用の紙も販売されているので、いちいち原稿を作って、印刷屋さんに持っていって、デザインしてもらって、チェックして、印刷してもらうという手間が省けます。名刺作りソフトと専用紙だけであっというまに自分の名刺ができるので、会社勤めの方でも、会社のとは別に個人用のを作る人が増えてきました。また、名刺がない学生、高校生、中学生でもオリジナルのを持っている人が多くなりました。名刺作りソフトでは、写真やQRコードとかも入れ込むことができるので、個性豊かなのができます。携帯の番号やアドレスを交換するときに、かっこいいのは好感度アップしますね。

名刺作り無料ソフト

自宅のパソコンを使って、オリジナルの名刺を作ってみませんか?簡単に説明しましょう。用意するものは、パソコン、プリンターと、電器屋や文具店等で売られている名刺用のプリンタ用紙です。写真を入れたければ、画像も用意しましょう。そして、名刺作りのソフトをパソコンにインストールします。無料の名刺作りのソフトで十分ですし、wordがインストールされているパソコンでしたら、それを使うのも良いでしょう。ソフトが、名刺印刷用紙メーカーが用意している場合もあります。インストールできたら、ソフトを起動して、住所や名前などを順番に入力していきます。たいていのソフトは説明書がいらないくらいの簡単な操作で名刺作りができちゃいます。QRコードを入れることもできるソフトや、顔写真を入れたり、背景に何かを印刷したり、多種多様な名刺作りができるようになったソフトも非常にたくさんありますので、自分にあったフリーソフトを探してみるのはどうでしょうか?

簡単名刺作り

フリーソフトやwordで簡単に名刺作りができますが、本格的にデザインするなら、イラストレーターを使うとよいでしょう。イラストレーターでDTPデザインをすれば、そのまま印刷屋さんでオンデマンド印刷などで使える原稿にもなります。イラストレータでする方法はインターネットで見れます。最近は、会社のを外部の業者に発注しないで、自作のデザインでつくる企業も増えてきました。名刺作り専用の業務用プリンターも発売されています。業務用プリンターは少々高価ですが、社員数の多い企業の場合は、外部の業者に発注するよりコストが安く名刺作りができたりします。最大のメリットとしては、外注した場合、どうしても納品されるまでの時間がかかってしまいますが、自社の場合は、その場で印刷できてしまうので、在庫が切れてもあわてて印刷業者に発注して、それまではなしでしのがないといけないなんていうことも避けられます。

ラッキー情報


おみくじは 大凶


ラッキーカラーは 銀鼠


ラッキーな場所は CD屋


2014年10月24日現在、19時07分57秒。

19 dummydummy dummy dummy