住みやすさランキング調査

住みやすさランキングをネットで調べてみました。東洋経済新報社出版の都市データパック2007年版に住みやすさランキングに似た、「住みよさランキング」がありました。全国805市区のさまざまなランク付けがされています。その日本で一番住むのに適した都市、1位は、滋賀の栗東です。大手企業が多く、また住民の所得も高く、財政力指数は全国9位です。また、東京都内の住みやすさランキング総合満足度トップは、武蔵野市でした。郊外の緑豊かな環境と吉祥寺を中心とした商圏を両立していることなどから東京都内1位になりました。その他に外国でいえば、カナダのバンクーバーでしょう。世界住みやすさランキング1位のバンクーバーは、町並みがとても綺麗です。役所の審査を通っても古くから住んでいる住民の同意が無ければ工事にかかれません。良い街が出来れば自分の家の資産価値も上がり売るときも高く売れるため、皆真剣です。上位の街であるにはそれなりの理由がある。

住みやすさランキング、東洋経済新報社出版「都市データパック2007年版」

住みやすさランキングといえば、東洋経済新報社出版の「都市データパック2007年版」でしょう。毎年発行で2007年版特集、東洋経済オリジナル指標の「住みよさランキング」=住みやすさランキングで、全国805市区を多面的に紹介しています。1位は、大手企業が多く財政力があり住民の所得も高い滋賀県の栗東です。2位は、富山県の砺波(となみ)です。富山県の都市の多くは、住宅延べ面積や持ち家比率が極めて高い点が、上位に選ばれた理由でしょう。住みやすさランキング3位は、千葉県成田市です。空港もあり、土地も家賃も安く、夏は涼しいのが魅力でしょう。4位は、福井県の福井市です。福井県は、平均寿命が全国トップクラスの健康長寿県です。先端技術を有する企業が多く企業の求人も盛んです。住みやすさランキング上位の福井県は、自然が豊かで暮らしやすさをアピールして、福井県への定住サービスを積極的に行っています。

住みやすさランキング、東京都内での順位

住みやすさランキングとして、日本、世界さまざまな場所が候補に挙がりますが、東京都の上位は、どんな場所なのでしょうか。ネクストの2008年1月31日に発表によれば、東京都内で総合満足度トップは武蔵野市でした。郊外の緑豊かな環境と吉祥寺を中心とした商圏を両立していることが、東京都内の住みやすさランキング1位となった理由でしょう。続く2位は、府中市です。府中市の魅力は公共サービスが良い点。ダストボックスを1万箇所以上に設置して市民は24時間無料でゴミを出せるゴミ先進地です。東京都内の3位は、多摩市です。多摩市が上位である理由は周辺の自然環境の良さ、水や空気のきれいさが都内トップのためでしょう。逆に、東京都内の住みやすさランキングの下位は、三鷹市、小金井市などです。三鷹市は上位に位置する場合もあるようで意見が分かれる。小金井市が低いのは、市内でのごみ焼却ができなくなり、「ごみ非常事態宣言」が出されているためでしょう。

今日ラッキーニュース


おみくじは 大吉


ラッキーカラーは 桃色


ラッキーな場所は 回転寿司


2014年10月22日現在、19時52分29秒。

19 dummydummy dummy dummy